既読スルーにならないLINEのテクニック!

恋のハウツー

せっかくラインを送ったのに既読スルー…そんな悲しい結果にならないように、既読スルーにならないためのラインテクニック!

男性と女性の心理差を知ることが既読スルーを防ぐ

男性にとってメールやLINEといったコミュニケーションツールは目的を達成するためのツールです。かたや女性は違う!

女性にとってのLINEやメールは共感!

女の子同士のメールやLINEは、共感の塊です。「こんなことしてた」「こんな気分」のように、その場の雰囲気やテンションを共有することが大切で、目的がなくてもメールやラインができるのです。

男性が苦手なメールやLINEのやりとり

男性と女性ではメールやLINEに対する心理的な差があります。男性は目的や最終到達点のないメールやLINEのやり取りは苦手なのです。
その場限りのテンションやニュアンスだけのメールを送りまくっても既読スルーされちゃうわけです。

男性向けの雑誌に「彼女を落とす会話術」などが掲載されています。その中でよく「彼女の話に頷いたり、相槌をうって聞くこと、絶対に反対意見を言わない」とありますが、これは共感が苦手な男性が「共感、共有している」ように見せかけているわけです。

既読スルーにならないメールやLINEの技

基本は簡潔に、短文でかつ丁寧に!

長文で、内容が複雑、かつ目的のはっきりないメールは女性相手には共感を得られますが、男性には嫌がられます。男性相手には目的がはっきりした、内容のわかりやすい丁寧な短文が好まれます。何より長文は重すぎな感じで敬遠されがちです。

「察して欲しい」は効かない

女性同士のやりとりだと「あ、あれのことをそれとなく言ってる」と勘づくことも男性相手だと難しいことの方が多いです。希望ははっきりと伝えましょう。「一緒に遊びに行きたい」とか「次は電話で話したい」とか「会ってゆっくり話したい」とか希望をしっかり伝えることは大切です。

 

親密度をあげるテクニック

短文で要求をはっきり伝えるようになる前に、相手と良い関係を気づく必要があります。相手から好意的に思われていなければ、要求だけ伝えるメールは距離無しさんだと思われてしまいます。

初めてのLINEやメールは簡潔に好意を伝える

連絡先を交換した「当日の夜」か「翌日」に「連絡先教えてくれてありがとう!これから仲良くして欲しいな!」的なものを丁寧にして送りましょう。

相手を褒めて肯定する、相手の得意なものを褒める

好意のある相手を褒めて肯定するのはコミュニケーションの基本です。長文にする前に「〇〇君、すごく優しいね!〇〇君と今日話せて嬉しかったよ。」みたいに送りましょう。返信がきたら、そこで「どうして嬉しかったのか」「なぜ優しいと思ったのか」など話を膨らませるといいのです。

そして褒めるポイントとして相手の得意な分野、趣味などを聞き出しましょう。趣味や得意分野を褒められて肯定されることが嫌な人はいません。

相談する

相談事を持ちかけるのは、比較的手っ取り早く相手と親密になれる話題ですが、あまりに重すぎる内容や相手の得意分野ではない内容だと、逆に引かれてしまいます。
そして、もう一つ重要なことはLINEやメールだけで相談事を解決させないことです。具体的な内容は電話や実際に会って話す方がベターです。
「スマホの機種変しようか迷ってる」という話題なら「今度一緒にショップに行ってくれると嬉しいな」で、実際に会って相談事を解決させましょう。
解決したらお礼のメールを送り、もし解決しなくても「話を聞いてくれただけでも嬉しい!」と送りましょう。

即レスばかりしない!

時には即レスもいいですが、返信はランダムに行いましょう。即レスばかりだと相手も即レスしなければ…という気持ちになり、負担に感じます。
重要なことは即レス推奨ですが、重要ではないことは少し時間を開けましょう。開ける時間はランダムにした方が、期待感が高まります。

時には「お友達からメッセきちゃった…明日またラインしたいな」みたいに翌日に持ち越すことも大切です。

まとめ

男性が既読スルー、未読スルーをするのは「忙しいから後回しにしようと思った」「面倒」「相手に興味がない」「返信の必要を感じなかった」「忘れてた」という理由が多いようです。
このことから「相手の負担にならない程度の頻度と文章量」で「相手に好意を伝え親密度をあげる」ことが重要です。

既読スルー、未読スルーにならないように上手にラインやメールを使いましょう。

既読スルーにならないおまじないはこちら!

テクニックも重要ですが、おまじないをしてみると安心感もあります。簡単なものもたくさんありますので、見てみてくださいね!

LINE、メール、電話で好きな人から連絡がくるおまじない

 

 

恋のハウツー