Twitterをブロックされた?どうなるの?確認方法は?

Twitter, アプリ

みんながやってるTwitter…見たいと思っていなくても思わず見てしまうことも…。
いつの間にか、相手をフォローできなくなってる、解除されてる、そんな時はブロックされているのかもしれません。ツイッターでブロックした時、された時の解説です。

自分が相手をブロックした場合は?

自分が相手をブロックした時、相手からどう見えるのか、自分のタイムラインで何が起こるのか見て見ましょう。

Twitterでブロックすると相手が何をしようと自分の視界にはほぼ入らなくなります。

フォローの強制解除

フォローしている状態でブロックすると強制的にフォローが解除されます。相手がフォローしている場合でも同様です。相手のタイムラインにも自分のタイムラインにもツイートは表示されなくなります。ダイレクトメッセージ(DM)の送受信もできなくなります。

相手の返信@ツイートが、自分の@ツイートに表示されなくなる

相手をブロックすると相手からの返信ツイートを含む@ツイートが全て表示されなくなります。ブロック以前のものもです。もちろん@ツイートの通知もされなくなります。

相手をブロックした時の疑問点を解決

  • ブロックした相手は自分の公開ツイートを見ることができない。検索でも削除される。URLも見ることができない。2016年6月の仕様変更で完全にブロックされるようになった。
  • フォロワーのリツイートやフォローした相手のファボでも表示されない。
  • ブロックしても相手に通知されない。
  • ブロックしたことは、相手が自分をフォローしようとした時にフォローできなかったりして気付く可能性もある。
  • おすすめユーザーに表示されなくなる

自分が相手からブロックされた場合

自分が相手からブロックされた場合に何が起こるのか解説します。

フォローが強制解除

自分がブロックした時と同じく、フォローが強制解除されます。相手がしていても自分がしていても同じく解除です。相手のタイムラインにも自分のタイムラインにもツイートが表示されなくなり、ダイレクトメッセージ(DM)の送受信もできなくなります。

相手をフォローできなくなる

ブロックされた相手をフォローできなくなります。「ブロックされているのでこのユーザーをフォローすることができません」というメッセージが表示されます。

 

相手を新しくリストに追加できなくなる

ブロックされた相手を新しくリストに追加できなくなります。以前からリストに追加していた場合は、リスト上から消えます。リストに入れようとすると「この操作は許可されていない可能性があります。ページを再読み込みしてお試しください。」というエラーメッセージが表示されます。

ブロックされた相手のツイート、プロフィールページを見ることができなくなる

2016年6月の仕様変更から、ツイートの閲覧自体ができなくなりました。相手からブロックされているアカウントでログインしている限り、検索機能もプロフィールページで探すのも、他の人のリツイートも読むことができません。
プロフィールページも閲覧できません。

 

Twitterでブロックされたか確認する方法

基本的にブロックされても通知されるわけではないので、気がつかないことが多いですが、相手からのタイムラインが急に消えたりした時は下記の方法で確認するのもいいでしょう。

 

おすすめのツイッターブロックの確認方法

相手のプロフィールを閲覧して見る

ブロックされているとプロフィールを閲覧することができません。ミュートされているだけなら閲覧できます。

試しにフォローして見る

相手からブロックされると、強制的にフォローが解除されます。もともとフォロワー同士だった場合はわかりやすいです。フォローが急に解除になり、フォローしようとしたらできないわけです。ただ、相手とフォロワー同士じゃない場合は、ブロックされていない場合「別に好きじゃない相手をフォローしなきゃいけない」ので、よく考えて試しましょう。

 

 

Twitter, アプリ